粉砕機

PETボトル回収システムの中で最も重要な設備のひとつとして、安定性要求について、言わなくても明らかです。如何に設備が破損せずに長時間で高効率に運転することを保証するかは、設計・生産時の最も重要な課題です。20数年のPETボトル回収と粉砕機製造の経験を以って、私達は、構造設計・材質選定・生産加工プロセスにおいて、低故障率の方向へ前進します。
動翼と固定ブレードの間の切断角度は、粉砕効率をより高く引上げて、且つ粉砕室内の資材の運行方向を保証することによって、ハウジングへの摩擦と機械的衝撃を低減します。
特定の構造設計と加工方式は、材料がふるい目とハウジングの隙間から漏出しないように保証できます。
軸心の強度には、材料選定と熱処理の際に専門設計を実施したので、軸折れ不具合が永遠に発生しません。特別加工設備で高耐摩擦性の材料と一般材を溶接した粉砕刃物は、品質安定性を保証する同時に、使用寿命も延ばして、生産コストダウンの効果に達成します。
SC500/500
出力 (KW) 45
生産高 ((kg/h) 500-700
動翼枚数 8
固定ブレード枚数 3
回転直径(mm) 500
材料投入口サイズ(mm) 500*500
SC500/1000
出力 (KW) 55
生産高 ((kg/h) 1000-1200
動翼枚数 16
固定ブレード枚数 6
回転直径(mm) 500
材料投入口サイズ(mm) 500*1000
SC700/1000
出力 (KW) 75
生産高 ((kg/h) 1300-1500
動翼枚数 16
固定ブレード枚数 6
回転直径(mm) 700
材料投入口サイズ(mm) 700*1000
SC800/1200
出力 (KW) 110
生産高 ((kg/h) 1500-2000
動翼枚数 16
固定ブレード枚数 6
回転直径(mm) 800
材料投入口サイズ(mm) 800*1200
回上方
-->